抜け毛は男女共通の悩みであり、薄毛治療に良いことは何でも試したいという方も少なくないでしょう。
ただ、噂で薄毛治療に良いとされていることが実はあまり意味がないという場合もあります。
デマに惑わされないためにも髪に良いとされる噂の真相を明らかにしていきましょう。

シリコン入りのシャンプーで薄毛が悪化?

シリコンは、髪をコーティングし手触りを良くするためにシャンプーに含まれています。
しかし最近では、シリコン入りのシャンプーを使うと薄毛が進行したり、炎症を引き起こしたりするという噂が広まり、ノンシリコンシャンプーを選ぶ人が増えています。
シリコンが毛穴に詰まると薄毛や炎症につながるとされていますが、この成分は網目状なので毛穴に詰まることはほとんどなく、根も葉もない噂であると言えるでしょう。
頭皮環境が気になる方や薄毛治療をされている方はシリコン入りかどうかよりも、アミノ酸が配合されているかを重視してシャンプーを選ぶことをおすすめします。
アミノ酸は天然成分であり洗浄力もマイルドなので、頭皮への刺激も少なく安心して使用できます。

ブラッシングは薄毛治療に悪い?

ヘアスタイルを整えるために使われるブラシですが、使い方次第で薄毛治療の良し悪しが変わってきます。
強い力で雑にブラッシングをすると髪が強く引っ張られ、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があります。
普通にブラッシングする程度なら薄毛治療に悪い影響は与えないので、頭皮にダメージを与えないように髪の途中を軽く掴み、優しく丁寧にとかすようにしましょう。

海藻で薄毛治療が可能?

昔から海藻は髪に良いと言われており、積極的に食べたり海藻成分入りのシャンプーやリンスを使ったりした経験がある方は多いはずです。
海で育つ海藻類にはミネラルが豊富であり、このミネラルも髪や毛根には重要な成分になります。
しかし、髪はたんぱく質やビタミンなど他の成分も必要であり、ミネラルは必要な成分の一つというだけで、海藻自体に薄毛治療効果があるわけではありません。
薄毛治療で大切なのは毛根の細胞に血液を通じて酸素や栄養素を送り届けることなので、必要な栄養素を補うという意味では効果的でしょう。
たんぱく質やビタミンなどたくさんの栄養素を補給できるように、バランスの良い食事を心掛けてください。

他にも髪にまつわる噂は色々とありますが、根拠のないデマもあるので全て鵜呑みにしない方が良いかもしれません。
髪のことは専門家に聞くことが一番なので、薄毛治療のアドバイスは専門医に聞いてみましょう。
大阪・梅田の薄毛治療に対応したクリニックで、まずはカウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。