薄毛治療を受けようと検討している方は、まずネットなどで薄毛治療に関する知識を調べていることと思います。
薄毛治療を始める前に、自身がどの程度薄毛が進行しているのか把握しておくことは非常に重要です。
ここで、薄毛治療に向けて薄毛の進行パターンについて学んでおきましょう。

薄毛の進行度合いを知っておこう

男性型の薄毛の進行パターンは「ハミルトン・ノーウッド分類」に沿って進行度合いを分類することができます。
このハミルトン・ノーウッド分類は、以下のような9つの進行パターンに分けられています。
・Ⅰ型
額の生え際から薄毛が始まり、M字型に生え際ラインが後退していく薄毛症状です。
・Ⅱ型
Ⅰ型が進行し、生え際の切れ込みが少し深くなった状態を言います。
・Ⅱ Vertex型
生え際と頭頂部同時に薄毛が見られる状態で、Ⅱ型から頭頂部までO型の薄毛を併発したパターンです。
・Ⅲ型
Ⅰ型からⅡ型へ進行し、そこからさらに生え際のM字型ラインが後退し、前頭部のボリュームが減った状態のことを言います。
・Ⅲ Vertex型
Ⅲ型から頭頂部にかけてO型薄毛が始まり、額と頭頂部に薄毛が見られるパターンです。
・IV型
Ⅲ型から生え際のラインがさらに後退し、頭頂部のO型薄毛が同時に見られる状態です。
・V型
IV型が進行し、生え際が額よりも頭頂部近くまで後退している症状で、頭頂部のO型薄毛の範囲が広がってきている状態です。
・VI型
生え際の薄毛とO型薄毛の境界が無くなり合体したような進行パターンになります。
側頭部や後頭部のみ髪の毛が残っている状態です。
・Ⅶ型
VI型が進行し側頭部も薄毛が進行している状態を言います。
後頭部上部もほぼ発毛がないパターンです。

薄毛治療しないと進行が早くなるって本当?

薄毛の場合は脱毛症と違ってある日突然髪の毛がごっそり抜けてしまうことはありません。
発症のタイミングも人それぞれ異なるので、薄毛が気になり始めてもすぐに進行が加速してしまうことはないでしょう。
しかし、薄毛は生活習慣や遺伝、ホルモンの働きなどによって少しずつ進行することは避けられないため、早い段階で薄毛治療をすれば回復する可能性は高くなります。
これはヘアサイクルの回数に関係してくるものですが、薄毛をすでに発症してしまっている方はヘアサイクルが極端に短縮されてしまうと、通常よりも早くヘアサイクルが消費されてしまうということは理解しておきましょう。

大阪・梅田にある薄毛治療専門クリニックでは、一人ひとりの症状に合わせて薄毛の進行を抑制させる治療方法を行っています。
治療によりヘアサイクルのリズムを乱すホルモンの生成を正常化し、脱毛を防ぐこともできるでしょう。
薄毛治療はヘアサイクルを終えてしまった部分には治療を施しても回復は見込めないので、できるだけ早く薄毛治療を始めることをおすすめします。