AGA治療や薄毛治療に取り入れられているミノキシジルは、人間の髪の毛を増やす効果があると言われています。
今回は、ミノキシジルの発毛効果と副作用について解説していきましょう。

薄毛治療に効果のあるミノキシジル

ミノキシジルには血行を促進する作用や毛母細胞を活性化させる働きがあります。
血行促進については髪の毛の細胞に栄養を届けるための重要な役割を持っています。
髪の細胞に栄養がしっかり届くことによって新しい髪の毛が育ちやすくなり、最終的に髪の毛が生えやすくなるといった仕組みです。
毛母細胞の活性化にも同じく髪の生成を促す効果があり、新しい髪の毛が作られるようになります。

薄毛治療には内服薬と外用薬がある

血行促進や毛母細胞に良い影響をもたらしてくれるミノキシジルは、内服薬と外用薬の2つの薄毛治療があります。
内服薬は飲み続けていくうちに発毛し、頭皮が見えないくらいまで毛が増えるといった効果も期待できます。
内服薬の場合、体内に有効成分が浸透するため、外用薬よりも高い効果を発揮しやすいと考えられるでしょう。
一方、直接頭皮に塗る外用薬は半年程度使い続けると、9割近くの人が薄毛を改善できたという変化が見られます。
内服薬も同じく9割程度の薄毛改善効果がありますが、外用薬の場合は抜け毛が少なくなった、生え際のみ見栄えが良くなったなど、比較的作用は緩やかです。

ミノキシジルの副作用を知って薄毛治療に挑もう

薄毛治療にミノキシジルを使用すると、どのような副作用が起こるのでしょうか?
・頭皮のかゆみ
・頭皮のかぶれ
・頭痛
・動悸
・めまい
ミノキシジルの副作用は以上のような症状を引き起こす可能性があります。
しかし、外用薬の場合はかゆみやかぶれなど比較的軽い症状がほとんどです。
めまいや頭痛、動機など体の内側で起こる症状については、内服薬を服用した際に起こるケースが多いでしょう。
万が一、副作用の症状が出た場合はすぐに使用を中止して、医療機関で受診することをおすすめします。

ミノキシジルは高い薄毛治療の実績効果があり、大阪・梅田にある薄毛治療専門のクリニックでも採用しています。
大阪・梅田だけでなく全国各地のクリニックで処方されていることから、薄毛の悩みを解消するには非常に有効な成分と言えるでしょう。
確実に効果のある薄毛治療を取り入れたい方は、ミノキシジルを使用した治療をおすすめします。