発毛治療では国が認可した新薬を使うことが一般的ですが、最近はジェネリック医薬品を提供するクリニックが大阪・梅田でも増えてきています。
ジェネリック医薬品は認可された新薬よりも安く購入できるので、発毛治療を行う方の経済的負担を軽減できるメリットが挙げられます。
その分、効果が薄れないかと心配される方も多いと思うので、発毛治療で使用されるジェネリック医薬品の効果についてご紹介していきましょう。

ジェネリック医薬品の効果と安全性

クリニックで処方される医薬品には新薬と呼ばれる先発医薬品と、後発医薬品のジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品は特許が切れた新薬を、別の薬剤メーカーが同成分で開発した薬のことです。
日本ではジェネリック医薬品として認めるために、安全性や有効性の試験データを厚生労働省に提出することを義務付けています。
新薬と同じ成分を使うので効果に変化はなく、また国内では国から安全性や有効性を認められたものだけが処方されるので、安心して使用することが可能です。
また、ジェネリック医薬品は安全性と効果が認められた新薬の有効成分が使えるので、開発費用が軽減できるので品質を落とさず安価で販売することができます。
国でも医療費の負担削減として、ジェネリック医薬品での治療が推奨されています。
発毛治療は保険が適用されず自己負担となるので、無理なく薄毛を改善していけるでしょう。

発毛治療で使われるフィナステリド錠について

発毛治療ではアメリカのメルク社が開発し、日本でも認可されている「プロペシア」が主流です。
プロペシアは特許が切れており、2015年からはファイザー製薬などで「フィナステリド錠」というプロペシアのジェネリック医薬品が専門クリニックでも処方されるようになりました。
フィナステリド錠にも含まれるフィナステリドには、男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロンの増加を抑制する作用があります。
プロペシアと同じ主成分なので効果には違いがなく、発毛治療でも新薬と変わらない効果があるので安心して使用できます。

薄毛治療は全額自己負担となるので、進行が進んでいる方にとっては少し敷居が高いこともあるでしょう。
しかし、ジェネリック医薬品により、以前より負担を抑えて治療できるようになっています。
最近は国内外のジェネリック医薬品を個人輸入で大量購入される方もいますが、医薬品には副作用があるので安全かつ効果的な発毛治療が可能です。
なので、個人輸入よりも専門医に相談して薄毛を改善していきましょう。