男性の悩みの中でも多いAGAですが、実は睡眠不足によってAGA治療の効果を妨げてしまう可能性もあることをご存知でしょうか?
今回は、睡眠不足がAGA治療の効果を妨げてしまう原因についてご紹介していきましょう。

睡眠不足が与えるAGA治療への影響について

そもそも髪の毛は、皮膚や骨と同じように成長ホルモンの分泌によって伸びていきます。
この成長ホルモンの分泌がなければ、新しく生えるはずの髪の毛も伸びてこなくなり、古い毛のみが抜け落ちてしまうため薄毛の原因となるでしょう。
成長ホルモンは、1日の中で22時~2時までの間に最も多く分泌されます。
睡眠不足によって、上記の時間帯に十分な睡眠をとることができないと、成長ホルモンが正常に分泌されず髪の毛が伸びる機会を失ってしまうのです。

また、睡眠は体の緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。
睡眠不足でなかなかリラックスすることができないと、全身の血行が悪くなり、栄養分が頭皮や髪の毛へ行き届きにくくなってしまうでしょう。
そして、睡眠不足によって身体のリズムも乱れ、食欲不振や全身怠慢、新陳代謝の低下、ストレスなどが発生してしまいます。
これらの症状は、いずれも頭皮の皮脂分泌を乱れさせるほか、頭皮の血行悪化や頭皮の毛穴詰まりなどにもつながってしまい、薄毛を促進させます。

睡眠不足を解消して薄毛を改善しましょう

薄毛を少しでも改善するために、睡眠不足の解消も行っていきましょう。
前述した通り、22時~2時までの成長ホルモンが分泌される時間帯に睡眠をとることが、AGA治療による効果や薄毛予防、育毛促進につながります。
この時間帯に睡眠をとるのが難しい場合でも、極力暗い夜間に睡眠をとるようにしましょう。
昼夜逆転したような生活では、身体のリズムも乱れてしまい、薄毛の原因にもなってしまいます。
また、1日最低6時間以上の睡眠をとり、しっかりと栄養を摂取した上で睡眠をとることも大切です。

睡眠不足の解消と並行してAGA治療を進めましょう

AGAは様々な要因が複雑に絡み合っていることで症状が進行しやすくなります。
睡眠不足も要因の一つとなりますが、他にも要因が隠されているかもしれません。
AGA治療では医師によるカウンセリングを受け、要因を探しつつAGA治療や薬の処方を行います。
睡眠不足の解消と並行して、AGA治療を進めていくことで、他の要因が見つかったり、AGAの症状進行を抑制させたりすることができるでしょう。

AGA治療は早期に始めるほど効果が出やすく、クリニック費用も抑えられるでしょう。
大阪・梅田でAGA治療を行いたい方は、自身の睡眠習慣も見直しつつクリニックを探してみましょう。