大阪・梅田周辺には発毛治療ができるクリニックが多数あり、薄毛に悩む人が多く受診されています。
発毛治療では「フィナステリド」と言われる成分を含む内服薬が使用されますが、具体的にどのような効果があるのかご存じの方は少ないでしょう。
今回はフィナステリドの効果や発毛治療する上での重要なポイントをご紹介していきます。

発毛治療に使われるフィナステリドの効果

フィナステリドは元々前立腺肥大症や前立腺ガンの治療薬として投与されていました。
前立腺肥大症や前立腺ガンは男性ホルモンが関係しており、薄毛も男性ホルモンと深い関わりがあります。
男性ホルモンには「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」があり、「5αリダクターゼ」という酵素によりテストステロンはジヒドロテストステロンに変化します。
ジヒドロテストステロンが過剰分泌すると共に頭皮の皮脂も大量に分泌され、それが髪の毛の成長を阻害するため薄毛を引き起こしてしまうのです。
フィナステリドには5αリダクターゼの働きを抑制する作用があるため、ジヒドロテストステロンを減らすことで発毛効果を促す仕組みとなっています。
前立腺肥大症や前立腺ガンの治療でフィナステリドを用いた患者の薄毛が改善したという発見から、フィナステリドは発毛治療の内服薬として開発がスタートしました。
クリニックで処方される内服薬は厚生労働省から認可を得ているものなので、効果だけではなく安全性も認められています。

フィナステリドでの発毛治療は続けることが大事

フィナステリドを使ったからといって、すぐに発毛効果が発揮されるわけではありません。
健康的な髪の毛を生やすためには発毛治療を最低でも6ヶ月以上は継続しなければ、目に見えた効果は発揮されないのです。
ただ、医薬品なので摂取量や服用のタイミングを間違えると副作用のリスクがあるので、用法や用量を守って発毛治療を続けましょう。
また、薄毛の改善は毛が生えたら終わりではなく、健康な毛に育てるために育毛ケアも同時に行うことが大切です。

発毛治療の内服薬はクリニックでの処方が基本ですが、最近は安価で購入できるフィナステリドのジェネリック医薬品や海外医薬品を個人輸入で手に入れることができます。
これらの薬は体に合わなかったり、偽物だったりするリスクも高いので、安全に治療を進めたい方は個人で薬を入手するのは避け、厚生労働省が認可しているフィナステリド含有薬をクリニックで処方してもらうようにしましょう。