若ハゲの原因に最も多くなるAGA(男性型脱毛症)について紹介します。
若ハゲを含むAGAによる抜け毛は男性の薄毛の症状で最も一般的です。
抜け毛の種類の中でも特に一般であり、多くの男性が実際にAGA(男性型脱毛症)で悩んでいます。

一般的によく見るおじさんの薄い頭はAGA(男性型脱毛症)という病気で最近ではアルファベットでAGAだけでと言われることもあります。

脱毛症にはいろいろな要因で起こるいくつかの種類があります。

男性の薄毛の90%がAGA(男性型脱毛症)だとも言われています。

男性の薄毛の90%がAGA(男性型脱毛症)だとも言われています。
そしてこのAGA(男性型脱毛症)は年齢に関係なく発症するので中年男性だけでなく20代から発症する人もおりこの症状のことを若はげということが多いのです。

一度発症すると進行性の脱毛症のため何の対策もしていないとどんどん髪の毛は細く薄く短くなっていきます。
放っておいたらおでこがかなり広くなっていたということもあるのです。

AGA(男性型脱毛症)には脱毛の仕方に特徴があります。

AGA(男性型脱毛症)には脱毛の仕方に特徴があります。
頭のどこからでも脱毛するわけではなく、額や頭頂部の髪が脱毛するのです。
そして耳の横のラインは抜けないでそのままの人が多いです。

薄くなったあとのシルエットからM字ハゲとかO型ハゲなどと呼ばれます。

若ハゲの場合は自分がこんなに早く髪が薄くなるとは思っていないことが多いためAGA(男性型脱毛症)だという意識がない人が多いようです。

特に頭頂部の若はげは人に指摘されて初めて認識するのでかなりのショックを感じるようです。
日本男性のおよそ3人に1人がAGAまたはAGA予備軍と言われている時代ですが最近では雑誌やテレビコマーシャルなどの情報によって通院や薬によって薄毛治療が可能であるということが認知されてきているかと思います、若ハゲになっても早期発見、早期治療でコンプレックスから解放されましょう。