薄毛(脱毛症)とは「生えていた毛髪が生えなくなった」又は「生えていた毛髪が抜けてしまい、生え方がまばらになる」ことです。
薄毛(脱毛症)は、症状が出るに至った原因により細かく分類されます。

一時的な薄毛(脱毛症)

一時的な薄毛(脱毛症)
・ストレスによる薄毛(脱毛症)
・血流障害による薄毛(脱毛症)
・甲状腺の異常など病気による薄毛(脱毛症)
・薬の副作用による薄毛(脱毛症)
・脂漏性皮膚炎など頭皮トラブルによる薄毛(脱毛症)

進行型の薄毛(脱毛症)

進行型の薄毛(脱毛症)
・男性ホルモンによる薄毛(脱毛症)=AGA(男性型脱毛症)
・加齢による薄毛(脱毛症)

つまり、薄毛=AGAではなく、薄毛(脱毛症)という大カテゴリーの中に1タイプであるAGAが存在すると考えるのが正解です。
自分の薄毛は〈AGA〉なのか、それとも〈違う脱毛症〉なのか判断するには、原因を正確に調べる必要があります。

AGAの主な原因は男性ホルモン(テストステロン)から作られるホルモン物質DHT(ジヒドロテストステロン)です。

遺伝・ストレス・生活習慣など患者様によって複数の発症原因が絡み合う場合もあります。
従って「自分の薄毛(脱毛症)がAGAなのかどうか」は、専門医師の診断でなければ分からないケースがほとんどです。